寝屋川市、枚方市、守口市…京阪エリアでの新築一戸建て購入におすすめの不動産会社を厳選紹介!

新築一戸建ての固定資産税を抑えるコツはある?

公開日:2024/01/15  最終更新日:2023/08/29


新築一戸建ての固定資産税を抑えるコツは多岐にわたります。節税のためには、知っておくべき重要なポイントがあります。本記事では、これらの方法を詳しく解説し、賢く税負担を減らすためのヒントを提供します。無理なく効果的に固定資産税を抑える方法について、ぜひ本文でご確認ください。

新築一戸建ての固定資産税は高い?平均額は?

固定資産税は、市町村によって定められる固定資産税評価額に基づいて納税額が決まります。この評価額は、不動産の実勢価格をもとに算出され、一般的に実勢価格の約7割程度です。この仕組みにより、実勢価格が高い都心の一等地に土地を持っている場合、固定資産税の納税額が相対的に高くなることがあります。これは、都心部の土地は市場価値が高く、それに応じて固定資産税の評価額も高く設定されるためです。

一方で、郊外の地価が低いエリアの土地では、同じくらいの広さや価値の土地でも評価額が低くなり、納税額が抑えられる場合があります。一戸建ての固定資産税については、全国的な平均額として、年間約10万円から15万円前後とされています。ただし、これはあくまで一般的な平均値であり、地域や物件の評価額によって大きく異なることがあります。

また、固定資産税の税率や評価額の見直しは時折行われるため、現在の情報とは変わる可能性もある点に留意しなければなりません。不動産を購入する際には、固定資産税の負担も重要な要素として考慮すべきです。不動産の評価額や税金の見積もりは、不動産専門家や税理士に相談し、正確な情報を得ることが重要です。

建て方によって節税できる場合もある

建て方によって固定資産税を節税する方法をいくつか挙げていきます。

新築住宅を建てる

新築住宅を建てることで、固定資産税の特例が適用される可能性があります。特に、長期優良住宅と認定されれば、固定資産税が半額になる期間が延長されるため、節税のメリットが大きくなります。長期優良住宅は、バリアフリー性や耐震性などの要素が優れ、長期間にわたって優良性を保持できる住宅のことを指します。

中古住宅を購入する際は特定目的のリフォームを行う

中古住宅を購入した場合でも、省エネ、バリアフリー、耐震強化、長期優良住宅になるようなリフォームを行うことで、固定資産税を減額できます。リフォームの目的に応じて軽減率が異なりますので、効果的なリフォームを検討しましょう。

小規模な宅地を購入する

宅地の面積が200㎡以下の場合、小規模宅地として減額の対象となります。敷地のサイズを考慮して購入することで、節税のメリットを享受できます。ただし、無理に敷地を小さくするのは避け、家のサイズや用途を考慮して適切な宅地を選ぶことが大切です。

クレジットカードで支払う

固定資産税の支払いをクレジットカードで行うことで、ポイント還元などの特典を受けられます。これにより、実質的な負担を減らすことが可能です。クレジットカードを利用する場合でも、税金の納付期限に注意して支払いを行うことが重要です。これらの節税のコツを把握し、適切に活用することで、固定資産税の負担を軽減できるのです。

特例・軽減措置はある?固定資産税を節税するコツ

特例・軽減措置を活用して固定資産税を節税する方法にはいくつか方法があります。以下に挙げる特例措置によって、固定資産税の負担を軽減するコツを説明します。

住宅用地の特例を活用する

土地の上に建物がある場合、住宅用地の特例を適用可能です。土地の広さに応じて固定資産税と都市計画税の減額割合が異なります。特に200平方メートル以下の部分は小規模宅地の特例が適用され、土地の固定資産税は6分の1、都市計画税は3分の1となります。この特例を利用することで大幅な減税が可能です。ただし、都市計画税の税率は地域によって異なるため、詳細な税率を確認しましょう。

新築住宅に係る固定資産税の減額措置

新築住宅を建てる場合、一般住宅は固定資産税額を3年間、マンションは5年間、1/2に減額する特例が適用されます。この措置は2024年3月31日まで延長されています。この特例は住宅取得者の初期負担を軽減し、住宅取得環境を改善させるのが目的です。

新築認定長期優良住宅に係る特例措置

長期優良住宅の認定を受けられる新築住宅を建設した場合、固定資産税を5年間(マンションは7年間)、1/2に減額する特例が適用されます。この措置は2024年3月31日まで延長されています。長期優良住宅の普及を促進し、良質で安全な住宅を増やすことが目的です。

既存住宅のリフォームに係る特例措置

既存の住宅に対して耐震改修、バリアフリー改修、省エネ改修、または長期優良住宅化リフォームを行った場合、工事翌年度の固定資産税額を一定割合減額する特例が適用されます。耐震改修の場合は1/2に、バリアフリー・省エネ改修では1/3に、長期優良住宅化リフォームでは2/3に減額されます。この措置も2024年3月31日まで延長されており、既存住宅の性能向上と既存住宅市場の活性化を図る目的で施行されています。

まとめ

新築一戸建ての固定資産税は平均で10万円~15万円前後であり、都心の一等地など高額なエリアでは納税額が大きくなります。しかし、特例や軽減措置を活用すれば節税が可能です。例えば、新築住宅や長期優良住宅には減額措置があり、リフォームにも一定割合の減税が適用されます。また、土地の広さによる減額特例やクレジットカードでの支払いによるポイント還元なども節税のコツとして挙げられます。適切な措置を活かすことで、固定資産税の負担を軽減することが重要です。

【京阪エリア】不動産会社5選!

商品画像
商品名森本興産株式会社株式会社野村工務店フジ住宅株式会社タマホーム株式会社株式会社創建
サービスの特徴ベテラン営業担当者が、最初から最後までトータルサポート低コスト・手軽なプロの技が学べるメンテナンス講習を開催全邸に住宅性能評価書が付く実際に建てた家へ訪問できる「オーナー宅見学マッチングサービス」実際に宿泊できるモデルハウスを展開
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
不動産購入に役立つ豆知識