寝屋川市、枚方市、守口市…京阪エリアでの新築一戸建て購入におすすめの不動産会社を厳選紹介!

新築一戸建ての購入にかかる費用を安く抑える方法を大公開!

公開日:2022/01/15  最終更新日:2021/11/17


結婚や出産など、ライフステージが変化し、一戸建て住宅の購入を検討する人も多いことでしょう。新築を建てる、中古住宅を買ってリフォームするなどの方法がありますが、それぞれの特徴を理解した上で適切な判断したいですよね。今回は、新築一戸建て住宅の購入にかかる費用やコストカットのポイント、失敗しないための注意点などを紹介します。

新築一戸建てを建てるのにかかる費用

新築一戸建て住宅を建てる時、「費用の相場はどれくらいか」「住宅の種類によって価格はどれくらい違うのか」といった疑問を多く耳にします。住宅の面積や立地、設備、デザインなどによって費用に幅はあるものの、分譲一戸建ての相場は4,000万円ほど、注文住宅の相場は5,000万円ほどが一般的です。それぞれ異なるメリット・デメリットがあるため、条件に合った住宅の種類を選ぶことが大切です。

分譲一戸建て住宅とは、土地と完成予定の建物がセットで売られている住宅のことです。契約から引き渡しまでの時間を短縮でき、比較的安く購入できるメリットがあります。一方で、内装・外装デザインや素材、間取り、設備などはあらかじめ決められているため、住まいの希望をすべて反映できるわけではありません。手間をかけずに一戸建て住宅を購入したい人や、住宅の内装や設備よりもコストカットを優先したい人などは、分譲一戸建て住宅を選ぶとよいでしょう。

注文住宅とは、購入した土地に、オーダーメイドで住宅を建てる方法のことです。デザインの好みはもちろんのこと、ライフスタイルや家族構成などを考慮した、自分だけの住まいを作ることができます。そのため、ワンランク上の住宅を目指したい人や、住宅のイメージが明確に決まっている人などは、注文住宅が適しているでしょう。費用は分譲一戸建て住宅よりも割高なので、予算をしっかりと決めた上で、住宅のイメージを検討することが大切です。

新築一戸建てにかかる費用を安く抑えるためには?

自分の好みに合わせて、間取りやデザインなどをまるごとオーダーできる注文住宅。設計の自由度が高く、住まいの希望を叶えやすいメリットがありますが、おしゃれな内装や最新の設備などにこだわるあまり、予算を大幅にオーバーしてしまうケースも少なくありません。費用を安く抑えるためには、どのような点を見直せばよいのでしょうか。

一つ目の方法は、水回りの設備を分散させないことです。1階にキッチン、2階にお風呂と洗面所など、複数のフロアに水回りを設置すると、配管の設計が複雑になり、費用が高くなりやすいといわれています。水回りはなるべくワンフロアにまとめ、洗面所とトイレ、お風呂を隣接した間取りにするなど、一箇所に集中させるとコストダウンにつながります。

二つ目の方法は、建物の設計自体を見直すことです。住宅は、延床面積が大きいほど費用が膨らみやすいため、吹き抜けを造ったり、天井を高くしたりと、間取りを見直すことで費用をダウンできることも。延床面積を減少させたい旨を業者に伝え、新たな間取りを考えてもらうとよいでしょう。

また、2階建以上の住宅にする場合は、1階と2階の床面積を統一する「総2階」がおすすめです。総2階は住宅の凹凸が少ないシンプルな設計なので、資材や足場などの費用を削減できます。「個性的な見た目の住宅にしたい」など、外観のこだわりがなければ、総2階住宅を依頼するとよいでしょう。

新築一戸建ての購入費用を抑える際に削るべきではない箇所

費用を抑えて一戸建て住宅を建てるには、資材や導入設備をグレードの低いものに変更する方法もあります。「料理をあまりしないのでシステムキッチンはミドルグレードのものにする」など、ライフスタイルに応じて部分的に設備を見直すと、コストを削減できるでしょう。

しかし、費用を抑えたいと思うあまり、必要な設備を削ってしまうと、かえって使いづらい住まいになることもあります。なるべく安く一戸建て住宅を建てたい時は、どのような点に注意して設備を選択すればよいのでしょうか。

一つ目は、断熱性や防音性、耐震性能などを左右する、基礎部分の建材です。これらは住宅の寿命や快適さなどに直結するため、グレードを落としすぎるとランニングコストやリフォーム費用が高くなり、長期的に見るとかえってコストパフォーマンスが悪くなることも。住宅を長く快適に使うためにも、これらは一定以上のグレードのものを採用するとよいでしょう。

二つ目は、外壁や屋根などに使用する塗料です。一戸建て住宅は、一定の期間ごとに塗料を塗り替える必要があります。メンテナンスのサイクルは塗料のグレードによって異なり、耐用年数の低いものを選ぶとこまめにリフォームを依頼しなければなりません。塗料は住宅を雨水や紫外線などから守り、資材を長持ちさせる効果もあるため、グレードを落としすぎないことが大切です。

 

新築で一戸建て住宅を建てる時、注文住宅か分譲住宅かによって費用は大きく変わります。なるべく初期費用を抑えたい人は分譲住宅を、デザインにこだわりたい人は注文住宅を選ぶなど、条件に合う種類を選ぶことが大切です。注文住宅を建てる場合、間取りや設備などを見直すことでコストを削減できますが、基礎部分の建材や塗料のグレードなどを落としすぎると、かえって利便性を損なってしまうこともあるので注意しましょう。

【京阪エリア】不動産会社5選!

商品画像
商品名森本興産株式会社株式会社野村工務店フジ住宅株式会社タマホーム株式会社株式会社創建
サービスの特徴ベテラン営業担当者が、最初から最後までトータルサポート低コスト・手軽なプロの技が学べるメンテナンス講習を開催全邸に住宅性能評価書が付く実際に建てた家へ訪問できる「オーナー宅見学マッチングサービス」実際に宿泊できるモデルハウスを展開
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧