寝屋川市、枚方市、守口市…京阪エリアでの新築一戸建て購入におすすめの不動産会社を厳選紹介!

新築一戸建てを購入するときに失敗しないポイント

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/08/24

人生の中でも最も高価な買い物となる新築一戸建ての購入では、誰でも失敗はしたくないと考えていることでしょう。そこで、ここでは失敗しないためのポイントを解説します。失敗しないためのポイントを事前に知っておけば、失敗する可能性をかなり下げることができるでしょう。失敗しないマイホーム選びの参考にしてください。

買う時期を考えることで失敗対策になる

新築一戸建てを買いたいと考えるようになったときに、まず考えてほしいのが、今買う時期なのかということです。一般的には、30代でマイホームを購入する人が多いのですが、世間の流れに合わせて無理に家を買えば失敗したと感じる原因になってしまいます。

年収が600万円以上あれば、比較的購入しやすいかもしれません。しかし、年収が200万円、300万円では、住宅ローンを組むのがきついと感じるケースも多く、家を買って後悔するケースが多いようです。年収が低い場合には、自己資金を貯める、あるいは収入を増やす工夫をしてからの購入が良い時期となるでしょう。

また、人生の分岐点となるような変化の時期で購入する人も多いです。結婚や出産、子育てが終わった時期などです。変化が起きた時期は、数年、数十年先の変化が想定しやすく、想定した変化に合わせて家を買う人が増えます。

結婚や出産では、家族が増えて、これからどのような生活をしたいかも想像しやすいでしょう。その想定に適した環境を手にしたいと家を建てる人も増えます。

子育てでは何かとお金もかかりますし、トラブルも発生しやすい時期です。そのため、賃貸などの身軽な環境に身を置き、子育てが終了してから、のんびりと過ごせる家を購入したいと考える人もいるでしょう。

このように、家を買いたいと感じたときには、今が本当に購入にベストな時期なのかをよく考えましょう。

事前に情報収集や将来設計をする

よく考えたうえで、今が家を購入する際のベスト時期と感じるなら「どこに家を建てるのか」「どんな家にするのか」を考える必要があります。家や土地選びでは、職場や子供の学校への通勤、通学の便の良さをまず考える必要があります。

住む場所として理想的でも、職場や学校への通勤、通学が不便なのでは、自分は良くても家族には失敗と感じるかもしれません。その他にも、公園や図書館など癒しの場や遊ぶ場所があるか、かかりつけ医となる病院が近いか、買い物に便利なのかをチェックする必要があるでしょう。

また、新築一戸建てとなると、近所との付き合いも重要です。そのため、事前に町内会の情報を収集すると良いでしょう。どんなに周辺環境が良くても、町内会では問題が発生していると、トラブルに巻き込まれて、家を買わなければ良かったと後悔するケースもあります。

職場や学校、周辺環境、良い町内会であることが分かれば、敷地面積や間取りを考えましょう。マイカー通勤などを考えているなら、やはり駐車場は欲しいと感じるでしょうし、庭でガーデニングをしたい、休日にはバーベキューをしたいと考えている人もいるかもしれません。家の建坪を含め、どのくらいの敷地があれば理想とするマイホームとなるのかを考えましょう。

敷地が決まれば、間取りを考えます。この間取りを決めるには、将来の計画も必要でしょう。子供がまだいない場合には、子供を何人作るのか、その人数分に必要な部屋も必要です。子供を作らないなら、広々としたリビングを作ることも可能です。敷地や建坪は限られてくるので、その中でどのような間取りにすれば後悔しない家になるのかをよく考えましょう。

売却するなら売りやすい物件にする

20代、30代と、若い年代で家を買いたいと考える人の中には、売却も考えている人もいるのではないでしょうか。家には耐久年数もあることから、若い頃に建てると、定年頃になるとリフォームの必要がありますし、新築をする人もいるでしょう。

働いているとき、子育て中は、職場や学校への通勤、通学を考えて今の場所を選んだけど、老後は別の場所で生活したいと考える人もいます。このケースでは、それまで住んでいた家を売って、新たな家への購入資金にしたいと考える人もいるのではないでしょうか。

この売却を考える場合に、重要になるのが立地と普通の家であることです。中古物件は、やはりアクセスのよい立地の物件に人気が集まります。アクセスがよければ通勤や通学が楽ですし、遊びや買い物に出掛けるときにも便利です。

そして、もう一つ重要なのが標準的な、普通の家であるかどうかです。マイホームでは、自分が生活するうえで理想的なものにしようと、他にはないデザインや機能性の家を建てる人もいます。建てた本人にとっては理想的な家でも、他の人から見れば住みたくないと感じる家になっているケースが多いです。

このような家では、いくら立地が良くてもなかなか売れない不人気な物件となり、売りたいと考えたときに家を買って失敗したと感じてしまいます。将来的に売却も考えるなら、人気物件の要素を満たした家を建てることも重要です。

 

家はとても高い買い物となることから誰でも後悔はしたくないものです。そのためには、将来のことをよく考えて行動する必要があります。ただ、この行動が意外に大変なために、事前準備に手を抜いて家を買ってから失敗したと感じてしまいます。

失敗しないためには、購入前の事前準備がとても重要です。資金、周辺環境の情報収集、将来設計などをしっかりおこなってから家を買うことで、本当に家を買ってよかったと感じることにもなります。家を買ってよかったと感じるためにも、事前準備に手を抜かないようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
エリア別おすすめ不動産屋紹介