寝屋川市、枚方市、守口市…京阪エリアでの新築一戸建て購入におすすめの不動産会社を厳選紹介!

窓が大きい家を選ぶとどうなる?快適性や気になるポイントを解説!

公開日:2022/02/15  最終更新日:2022/03/02


新築一戸建てのマイホームを建てる際は、間取りや設備などいろいろなことを考えていかなければいけません。そのなかで重要なポイントとして挙げられるのが窓です。窓は、住まいの快適さを決めるための要素にもなるので、大きさや位置はよく考える必要があるでしょう。ここでは、窓の大きさについてまとめています。

「窓が大きいほど快適」は間違い?

窓が大きな住まいに憧れているという人は多いです。その理由として、外の景色がよく見えるから、光がたくさん入って明るくなるから、日中電気をつけずに過ごせるからなどが挙げられます。しかし、窓は大きいほど快適というわけではありません。たとえば、壁一面を窓のようにしてしまった場合、外からの視線が気になっていまいますよね。

リビングの壁一面が窓だったら、隣の家から丸見えということもあり得ます。そうなると、カーテンを閉めて生活してしまうことにもなりかねません。なんのために大きな窓にしたのだろう…と思ってしまうでしょう。快適な住まいを作るポイントとして、窓と壁のバランスは大切とされています。開放的過ぎると落ち着かなくなってしまうので、壁で閉じる部分も取り入れる必要があるのです。開放感があってプライバシーが守られているというのが重要なポイントです。

また、窓の位置を南側にこだわる人が多いですが、南側が必ずベストとはいえないということも覚えておきましょう。南側にリビングがあると、南側の窓から入る光の量は多くなります。しかし、周りに高い建物がある、隣の建物で日が当たりにくいなどの場合は、西や東の窓が適していることもあるのです。どこから光を取り入れると快適に暮らすことができるのか、設計士さんとよく話し合うようにしてください。

気になる!窓が大きい家の耐久性・耐震性

大きな窓をつける場合、気になってしまうのが耐久性や耐震性です。近年日本では、地震や台風が増えてきているので、自然災害が多い地域だと不安になることもあるでしょう。最近の窓は、そういったことも踏まえて高性能なものが増えてきています。そのため、窓が大きいからといって、割れやすいということはありません。

ただし、窓を大きくした場合、それに合わせて構造をしっかり検討する必要はあります。そのため、設計士さんとよく相談して窓の大きさを決めていきましょう。構造をしっかりさせるために、予算オーバーになってしまう可能性もあり得ます。台風が多い地域では、台風の風から窓を守るためにシャッターをつける必要もあるでしょう。

都市部では注意したいことがある

都市部で住まいを建てる場合、注意しなければならないことがあります。それは、準防火地域の場合に、窓まわりに制約があるということです。防火基準を満たしているサッシの使用、ガラスの使用が求められるので、窓まわりの自由にデザインできない可能性が出てきます。

地域の気候風土を考慮してくれる会社に依頼する

新築一戸建ての建築会社を決める際は、地域の気候風土について詳しい会社を選ぶようにしましょう。そうすることで、より丈夫な住まいになるようにアドバイスしてもらうことができます。

南向きではない家は寒い?

住まいを探す際に、南向きかどうかということを重要ポイントとして探す人は多いです。同じように新築一戸建ての土地探しや、住まいの間取りを考える際も、南向きの位置にどの部屋を持ってくるのか皆さん悩まれます。南向きが重要視されている理由として、日当たりがよいこと、明るいこと、が挙げられるのですが、必ずしもそうとはいい切れません。南向きでしっかりと日差しが入れば、暖かくて明るいのは事実です。洗濯物もよく乾くでしょう。電気代節約にもつながります。

しかし、南側に隣の家があったり、日の光を遮ってしまうものがあったりすると、南向きでも暖かくないのです。南向きではない家は寒いと思われるかもしれませんが、そのようなことはありません。南向きでも、日が入ってこないなど条件によっては寒いと感じてしまいます。このようなことを防ぐためには、事前に設計事務所の担当者に、現地調査をしてもらい、どの位置から日の光を取り入れるのがベストなのか調べてもらうのがよいでしょう。

窓はデザインも大事

窓の大きさも大事ですが、デザインも大事なポイントです。住まいを外から見た時に、窓があまりにも大きすぎると違和感があるでしょう。窓と壁のバランスが取れていてメリハリがある住まいの方が、外観も美しく見えます。窓が大きいと、窓掃除も大変です。そういったことも考えておきたいですね。

 

窓が大きな家を選ぶとどうなるのか、窓の大きな家の注意点などをお伝えしました。窓が大きいと開放的で素敵な住まいというイメージがありますが、大きければ大きいほどよいというものではありません。そのため、窓の位置や大きさは、よく話し合って決めるようにしましょう。

【京阪エリア】不動産会社5選!

商品画像
商品名森本興産株式会社株式会社野村工務店フジ住宅株式会社タマホーム株式会社株式会社創建
サービスの特徴ベテラン営業担当者が、最初から最後までトータルサポート低コスト・手軽なプロの技が学べるメンテナンス講習を開催全邸に住宅性能評価書が付く実際に建てた家へ訪問できる「オーナー宅見学マッチングサービス」実際に宿泊できるモデルハウスを展開
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧