寝屋川市、枚方市、守口市…京阪エリアでの新築一戸建て購入におすすめの不動産会社を厳選紹介!

新築一戸建てを最大限値引きしてもらう方法

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/08/25

京阪エリアに夢のマイホームである新築一戸建てを希望している人も多くいるのではないでしょうか。しかし建てるとなるとかなりの高額になるため、少しでも出費を抑えたいですよね。そこ今回は、京阪エリアで新築一戸建てを建てるにあたり、最大限に出費を抑え、値引きしてもらうためにはどのようにすれば良いのか詳しく紹介します。

注文住宅はなかなか値引き交渉しにくい

京阪エリアには素敵な住宅が多く、見ているだけで想像が膨らみます。そんな京阪エリアに家を持つにあたり、悩みの種になるのは金額ではないでしょうか。やはり新築一戸建てとなると値段も大変高く、また自分の希望をいろいろ取り入れるとなるとさらに出費が多くなってしまいます。

そんな費用を少しでも抑えるためにはどのようにすれば良いのでしょうか。せっかく家を持つのですから、できるだけ自分たちの要望に沿った家を持ちたいですよね。そのためには、ハウスメーカー側に大きく値引きをしてもらう必要があります。

単純に家を買うといってもハウスメーカーもたくさんあり、また選ぶハウスメーカーによってもおおよその坪単価が変わってきます。そのため、ハウスメーカーを選ぶ際もしっかり下調べをした上で、実際にどの程度の予算で家を建てることができるのかチェックしておくことが大切です。

ハウスメーカーが決まったら、担当者としっかり打ち合わせをした上で自分たちと要望をしっかりと伝えましょう。それを伝えた上で担当者と交渉をすることが大切です。

ただし、注文住宅の場合はそこまで大きな値引きは望めないことが多くあります。やはりハウスメーカー側もあまり値段を落としたくないわけですから、表面上は安くしてくれたとしても使用する材料の質を抑えて低コストのものを採用し費用を抑えるといった場合も多くあるでしょう。

そうなってしまうとより良い家という観点からは少しずれが生じてしまいます。使用する材料の質を抑えることで、住宅の性能が落ちてしまったり持ちが悪くなってしまったりする場合もあるでしょう。そういったことを考えると、注文住宅の場合の交渉は少し難しい場合もあるので注意が必要です。

交渉しやすいタイミングを狙おう

しかし、注文住宅が必ずしも値引き交渉できないというわけではありません。担当者としっかり信頼関係を築き、材料の質はそのままで安くしてもらうことも可能です。また、注文住宅の場合でもキャンペーンを期間限定でおこなっている場合もあり、そういった期間に依頼することで通常よりも大幅に安く購入することができる場合もあるので、気になるハウスメーカーがある場合はホームページなどチェックしておくことをおすすめします。

では、建売住宅の場合はどうでしょうか。実は建売住宅の方が新築であっても交渉しやすくなっています。建売住宅の場合は、同じ設計書を用いて同じような住宅を何軒も建てることができるため、その分ハウスメーカー側も建築コストを抑えることができます。

仕入れる材料も同じものを多く購入することで抑えることができるので、その分お客さんに還元しやすくなっているでしょう。だからといってすぐに大幅な値引きができるかといったらそうではありません。最初は少しずつの値引き交渉になるので粘り強く交渉することが大切です。

また、とくに狙い目なのは販売開始からある程度期間が経った場合です。ハウスメーカー側もできるだけ早く売却をしたいわけですから、販売開始からある程度期間が経てば値引きをしてでも売却したいというのが本音でしょう。そのため、最初に出していた金額よりも徐々に販売価格を落としていく場合もあるのでそういったタイミングを見逃さず、交渉してみるのもおすすめです。

営業が安くしやすい時期を狙おう

家を持つということは簡単なことではありません。少しでも費用を抑えようとするとその分交渉に時間が掛かりやすくなりますし、労力が必要です。しかしそこさえクリアしてしまえば、憧れのマイホームを手に入れることができるので、諦めずにまずは交渉をしてみましょう。

また、購入する時期によっても費用を抑えられる場合もあります。たとえば決算のタイミングなどはハウスメーカー側も安くしやすいのではないでしょうか。時期的には3月に決算を迎えるというハウスメーカーが多くあります。

やはり営業も少しでもノルマを達成したいと考えているので、決算の時期は値段を落としてでも今期の売り上げにしたいと考えている営業も多くいるはずです。そのタイミングで交渉をすることで、普段であればなかなか交渉に応じてくれない営業も相談に乗ってくれるかもしれません。また、交渉は契約前にすることをおすすめします。

 

少しでも費用を抑えて理想の家を手に入れるためにはいかにうまく交渉するかが大切になってきます。そのためハウスメーカー側が安くしやすい時期を狙うことが大切です。

また、注文住宅の場合は材料の質を抑えられてしまう場合もあるので値引き交渉をする場合は注意が必要でしょう。せっかく家を購入するのですから、少しでも自分たちの要望を取り入れ希望する家を手に入れることが大切です。そのためにもしっかり交渉をしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
エリア別おすすめ不動産屋紹介