寝屋川市、枚方市、守口市…京阪エリアでの新築一戸建て購入におすすめの不動産会社を厳選紹介!

新築一戸建てはいつ購入するべき?時期ごとの考え方や注意点を学ぼう!

公開日:2021/12/15  最終更新日:2021/10/06


「将来は一戸建てのマイホームを持ちたい」と思うものの、予算やタイミングなどがわからずなかなか踏み出せない人は多いのではないでしょうか。ここでは、ライフイベントや収入、年齢など、さまざまな視点からマイホームを建てる最適な時期を解説します。購入前に考えるべきことや注意点などもあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ライフイベントから見る新築一戸建て購入のタイミング

新築で一戸建て住宅を建てるには、平均で3,000〜5,000万円ほどの費用がかかるため、多くの人は人生で最も高い買い物となることでしょう。家計の状況や貯蓄額などによって、それぞれ時期は異なるものの、結婚や出産、子どもの進学など、人生の節目となるタイミングで購入を決断する人が多いようです。

結婚と同時に家を建てるメリットは、比較的若いうちからローンの支払いを始められることです。多くの金融機関は、ローンの返済期間を最長35年と設定しています。そのため、定年までにローンを払い終わるには、20代後半〜30代前半ごろまでにローンを組み始めるのが理想的でしょう。この先、家を建てる予定があるのなら、早いうちにローンを組む方が余裕を持って返済計画を立てられます。

一方、出産や子どもの進学と同時に家を建てるメリットは、子どもの教育環境を考慮して立地を選べることです。地域によっては、ボランティアや体験学習など、独自の取り組みを行っている小学校や幼稚園もあります。通わせたい学校がある場合は、小学校入学より前に引っ越しを済ませておけば、転校で子どもに寂しい思いをさせることもないでしょう。

収入や年齢から見る新築一戸建て購入のタイミング

仕事にも慣れて安定した収入を得られるようになると「そろそろ家を購入したい」と思いはじめるかもしれません。一般的に、住宅の価格は年収の6〜7倍程度がよいといわれています。そのため、新築一戸建て住宅の平均価格をもとにすると、年収400万〜800万円ほどに達したタイミングで、家を購入するのが最適といえるでしょう。

しかし、住宅を購入する時は、頭金と住宅ローンを組み合わせて料金を支払います。住宅の種類などによって頭金の金額は異なりますが、住宅価格の2〜3割程度を支払うケースが多いため、あらかじめその分の現金を用意する必要があります。頭金を多く支払うほどローンの金額は少なくなり、返済が早く終わる利点がありますが、無理に多くの額を支払って家計が苦しくなっては意味がありません。収入と月々の返済額、ローンの期間を考慮して無理のない計画を立てることが大切です。

また、子どもが成人し独立した後に家を建て直す場合などは、ローンの返済期間が短くなるため、月々の支払額が膨らむ可能性があります。定年後に高いローンを支払い続けるのは負担になりやすいため、なるべく早く完済できれば嬉しいものです。自己資金に余裕がある場合は、頭金を多く支払い、ローンの返済額を減らす選択肢もあります。年齢が上がるにつれてローンの返済期間は短くなるので、それらを考慮した上で、住宅を購入するタイミングを検討しましょう。

新築一戸建ての購入前に考えるべきこと

新築で一戸建て住宅を建てるには、注文住宅や分譲一戸建て住宅など、いくつかの選択肢があります。住宅の種類によって、費用や設計の自由度などの条件が異なるため、自分に合ったものを選択しましょう。

注文住宅とは、購入した土地にオーダーメイドで建てる住宅のことです。費用は高くなりやすいものの、間取りや導入設備、資材の種類や内装デザインなどを自由に依頼できるメリットがあります。

一方、分譲一戸建て住宅とは、土地と完成した建物がセットで販売されるスタイルのこと。比較的費用が安く、引き渡しまでの期間が短いため、手間やコストをかけずに住宅を建てたい人に適しています。とはいえ、新築で一戸建て住宅を建てるには、多くの資金が必要です。ほとんどの人がなるべくコストを抑えながら、上手に理想のイメージを実現したいと考えることでしょう。

なるべく費用を抑えて一戸建て住宅を建てたい時は、減税制度や給付金制度を活用するのがおすすめです。住宅ローンを利用している人は所得税の控除が受けられる「住宅ローン減税」、住宅購入時にかかった消費税の負担を軽減してくれる「すまい給付金」など、さまざまな制度があるので、申請できるものを調べておくとよいでしょう。国が実施しているものだけでなく、自治体が独自で設けている制度もあるので、家を建てる地域のホームページなども確認してください。

 

新築で一戸建て住宅を建てるタイミングは、ライフプランや収入などによって変わります。結婚や出産、子どもの進学など、人生の節目となるタイミングで家を購入する人も多く、それぞれ異なるメリットがあるため、自分に最適な時期を選ぶことが大切です。住宅ローンを利用する場合は、年齢が上がるにつれて返済期間が短くなるので要注意。頭金を多く支払って月々の負担を減らすなど、無理のない範囲で返済プランを立てましょう。減税制度や給付金などを使ってコストを削減できる場合もあるので、自分が申請できるものを調べてみてください。

【京阪エリア】不動産会社5選!

商品画像
商品名森本興産株式会社株式会社野村工務店フジ住宅株式会社タマホーム株式会社株式会社創建
サービスの特徴ベテラン営業担当者が、最初から最後までトータルサポート低コスト・手軽なプロの技が学べるメンテナンス講習を開催全邸に住宅性能評価書が付く実際に建てた家へ訪問できる「オーナー宅見学マッチングサービス」実際に宿泊できるモデルハウスを展開
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧