寝屋川市、枚方市、守口市…京阪エリアでの新築一戸建て購入におすすめの不動産会社を厳選紹介!

新築一戸建ての仲介手数料はどのくらいとられる?

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/08/25

新築一戸建てを建築するときに工務店や大手ハウスメーカーを利用します。また不動産屋を利用して購入することも可能です。その際仲介手数料がかかるので注意が必要です。そこでどれくらいの手数料がかかるのか知っておきましょう。また仲介手数料無料の不動産屋もあるので、理解しておくと利用するべきなのか判断できます。

仲介手数料はどれくらいかかるのか

新築一戸建てを購入するときにかかる手数料ですが、これは不動産屋に支払うシステムをしています。仲介手数料という名目になっているので、売り主と買い主の仲介をおこなってくれる報酬として支払いをおこないます。基本的に成功報酬になっているので、不成立になったときは手数料を支払う必要はありません。

どれくらいの頻度で仲介手数料を支払うのか知っておけば、コストを把握しやすいでしょう。手数料は基本的に1回から2回に分割して支払うシステムとなっていて、1回だけの支払いなら物件の引き渡しをするときに一括支払いで支払い、2回の支払いをするときは1回目として不動産物件が売れたとき、2回目が物件を購入者に引き渡すときに支払う必要があります。

一般的に不動産物件を購入する際には、多額の金額が動きます。そのため万一のトラブルを想定して、2回支払いをしている不動産屋が多いので覚えておきましょう。

ここでポイントになるのは、どれくらいの金額が必要になるのかという部分です。たくさん必要になるとコストが掛かりすぎるので、慎重に資金計画を立てる必要があります。

仲介手数料は基本的に法律で上限が決まっているので安心です。法律で上限を決めている理由は不動産屋ごとに手数料に大きな差ができてしまうと、物件を販売している会社が不利になるからです。

例えば不動産屋ごとに手数料の価格競争が起きてしまったとき、コストの安いサービスに人気が集まります。そうなると、他の不動産屋に人が集まらず、利益を出すことができません。

上記のやり方だと、規模の大きな不動産屋が買ってしまうので中小企業が不利です。各サービスに顧客が偏らないために宅地建物取引業法というものが設けられています。

宅地建物取引業法には仲介手数料の価格の上限が書かれています。具体的にどれくらいの仲介手数料がかかるのかというと、売買価格によって変化するので注意しておきましょう。

たとえば売買価格が200万円以下のときは売買価格×5%に消費税が加算されます。また売買価格が400万円以上の場合は売買価格×3%に6万円と消費税が加算されるシステムです。ちなみに一部不動産屋では、独自の基準を用いて仲介手数料を決めているところもあります。

仲介手数料がかからない不動産もある

不動産屋を利用して新築一戸建てを購入するとき、切っても切れないのが仲介手数料のコストです。一部の不動産屋では仲介手数料が無料と広告で謳っているところもあります。手数料が無料とはどういうことなのかというと、これは文字通り利用者が仲介手数料を支払う必要がないということです。

手数料無料のサービスは基本的に仲介業者を通さず、売り主と直接取り引きを行うシステムです。それなら売り主から直接購入すれば手数料はかかりません。ただ、自身の物件を売るときには広告を出す必要があります。そうしないと顧客を獲得することができないので、いつまで経っても不動産物件を売ることができません。そのため多くの売り主は、不動産屋に頼って物件を販売してもらっています。

そのため手数料無料の物件はあまりない案件だと考えておきましょう。ちなみに少しでも取引コストを安くしたいのなら、複数の不動産屋で手数料の比較をすれば安いサービスを見つけることができます。

手数料は値引きをすることも可能

少しでもコストを抑えたいときは、手数料の値引きを試みてみましょう。基本的に法律で決まっている手数料はあくまでで上限です。そのため上限の範囲で不動産屋は自由に手数料を決めることが可能です。うまく値引き交渉をすれば手数料を抑えられるので試してみましょう。

また不動産屋を利用して物件を売りたい人は、少しでも早く現金化したいと考えています。そこで売り主に対して値引きを相談します。対象物件そのものを値引きしてもらえれば、手数料値引き以上のメリットがあるのでお得です。

また大手不動産会社が新築一戸建てを売るときに、手数料を取らないケースもあります。そのような物件を利用すれば無駄なコストを掛けずに新築一戸建てを手に入れることが可能です。

 

新築一戸建てを購入するときにかかる手数料は、どれくらいの金額の物件を購入するのかによって変化します。基本的に購入金額が高くなるほど手数料も高くなるので注意しておきましょう。

また中には手数料が無料で物件を購入できるところもあります。そのような物件は数が少ないので値引き交渉を視野に入れるのも1つの手です。

他にも大手不動産会社が新築の一戸建てを売りに出したいときに手数料を無料しているところもあります。広告などに手数料無料と書かれているので、頻繁に大手不動産会社の広告を見てお得な新築一戸建てを探してみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
エリア別おすすめ不動産屋紹介